モンラッシェに負けない人気と格式を持つ白ワイン

白ワインの最高峰と言われているモンラッシェ。
そのモンラッシェと肩を並べるほどの白ワインとして人気があり、その格式を守り続けているのが「コルトン・シャルルマーニュ」です。
⇒モンラッシェの買取価格を紹介

産地もモンラッシェと同じフランスのブルゴーニュ地方。
この地方には畑ごとにランク付けがされているんですが、その中でも最も最高級のブドウが採れるのがグラン・クリュの格付けのブドウ畑。
コルトン・シャルルマーニュもこのグラン・クリュのランクを与えられた畑で採れたブドウを原料として作られています。

コルトンというのは畑の名称です。
シャルルマーニュは、フランク王国の大帝の名称。
時の権力者の名前が付けられるほどですから、ここからも格式の高さや、このワインが非常に重要なものであることがわかりますね。

この白ワインは、非常に味わい深く、熟成具合によって味が変化し、それぞれがしっかりとした強めの香りを楽しませてくれます。
ごくごくと飲むタイプというよりは、じっくりと味わうタイプ、そんな特徴を持っているんです。
酸味と濃厚さ、これを好む人でもコルトン・シャルルマーニュなら納得するはず。
赤ワインに負けない力強さを味わうことができます。

画像出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A4%A7%E5%B8%9D

気になる買取価格をチェック

コルトン・シャルルマーニュの一番の特徴は、これだけ格式が高く白ワインの最高峰とまで言われているのに、価格帯が非常に安いこと。
2万円から3万円の価格で手に入れられるものも少なくありません。
中には2万円を切る白ワインもあります。

流通している価格がこのくらいだと、ワイン買取に出した時には買取価格が数千円になるのが相場です。
コルトン・シャルルマーニュは大体、6,000円から7,000円くらいが平均的な買取価格になると思っておくといいでしょう。

ワイン買取業者が積極的に高値で買い取ってくれそうなものには、例えば「ボノー・デュ・マルトレ」があります。
これは1万円程度の買取価格がつく白ワイン。
年代によって価格差が出てくるものの、どの年代も他のコルトン・シャルルマーニュと比較すると高めなので、査定してもらう価値はあるでしょう。

「シャピュイ&シャピュイ」は、買取価格が7,000円から8,000になる白ワインです。
これも比較的高めですね。
「J.J.モルチェ」も6,000円から7,000円くらいの金額で買い取ってもらうことができるはず。

日本国内での流通量はさほど多くないですが、これはワイン買取の価格が下がらないことにもつながるので、売りたい人にとってはいい傾向となるでしょう。
販売量が増えると買取価格が下がる可能性はありますから、早めにワイン買取に出しておきたい白ワインと言えるのかもしれません。

画像出典元:https://item.rakuten.co.jp/spana-sake/a00081/