ブルゴーニュの代表的白ワイン「ムルソー」の魅力

フランスのブルゴーニュ地方は、数々の高級ワインを生み出している一大産地。
その中でも価値の高い白ワインをワイン好きに提供しているのが「ムルソー」です。
フランスの3大白ワインの一角を担うとも言われているほどですから、ワインに興味があるなら一度は口にしてみたいと思うのではないでしょうか。

ムルソーのワインは黄金色に輝き、グラスに注いだ時のその色合いや透明感も、他の白ワインとは少し違います。
見た目から楽しむことができるという特徴は、他の白ワインの群を抜いていると言えるでしょう。
特に格式高い畑であるレ・グッド・ドールから採れたブドウを使って作られた白ワインは金のひと雫」や「黄金の雫」と呼ばれるほど。

熟成とともに味が明確に変わってくるのも、この土地のワインの特徴です。
芳醇で香り豊か、インパクトも強くてナッツの香りも感じることができます。
バターやチーズのような香りが鼻を抜けると表現されることもありますから、飲んだことがない人は、より興味が湧いてくるのではないでしょうか。

目でも舌でも楽しむことができるムルソー、これが何よりの魅力。
飲むか手放すか、悩む人も多いかもしれません。

画像出典元:https://ameblo.jp/puligny/theme-10027393534.html

ムルソーの中でも買取価格上位の銘柄を紹介

もし手放すと決めたのであれば、ワイン買取業者に査定を依頼し、その価値をしっかりと見極めてもらう必要があります。
見極めがしっかりとできる業者であればある程度の買取価格で引き取ってくれるでしょう。

ブルゴーニュを代表する白ワインの一つではあるものの、超がつくほどの高級ワインではないので、実際の買取価格は、5,000円から6,000円あたりになるのではないでしょうか。
特に買取価格が高くなりそうなものは、「コント・ラフォン」や「ドメーヌ・ミシュロ」、「オスピス・ド・ボーヌ」など。
8,000円から、高いものだと15,000円くらいには上がりそうです。年代によっては6,000円台の価格に落ち着くものもあるでしょう。

同じくらいの価格になりそうなのが「ルーロ」、「プルミエ・クリュ・レ・ペリエール」あたり。
やはりワイン買取業者は6,000円近辺の買取価格を提示してきそうです。

このように、ムルソーにもさまざまな白ワインがありますし、同じブランドのものでも年代によって価値は変わってきます。
最終的に自分で飲むにしろ、一度はワイン買取業者に査定してもらってもいいのかもしれません。
その買取価格次第で飲むか売るか決めるのもアリでしょう。

画像出典元:http://eminco.seesaa.net/article/383051490.html